不妊治療の方法|大事な赤ちゃんの出産には助産院|こちらで店舗を探してみる

大事な赤ちゃんの出産には助産院|こちらで店舗を探してみる

不妊治療の方法

お腹

体外受精とは子宮から取り出した卵子に精子をふりかけて、受精した卵子をまた体内に戻す方法です。この方法は人工授精でも妊娠出来なかった方に行われます。体外受精以外の方法では妊娠が不可能だと思われる夫婦に適用される方法です。長期に渡って妊娠が出来ず、且つ、卵管がつまっている、子宮内膜症である、女性が抗精子抗体で陽性であったという方は、体外受精を考えた方が良いでしょう。体外受精にはいくつかの種類があるのですが、中でも出生率が高いのは凍結融解胚移植で22パーセント位となっています。これは治療を受けた100人の妊婦が22人の赤ちゃんを生んだということですから、かなり高い確率です。凍結融解胚移植はかなり精度の高い治療だと考えられます。

大阪で体外受精を受けるならどのような病院を選べば良いのでしょうか。大阪にはクリニックも多くあるので、口コミなどを聞いて自分に合う病院を探して下さい。体外受精は保険適用外のため全額自費負担となります。不妊治療のクリニックなどでは1周期あたり50万前後からとかなり高額な治療となっています。例外的に大学病院では安いところもあって1周期10万円台から受けられる病院もあります。この価格は各病院が自由に設定するためにその差が大きくなる傾向がありますから、病院を選ぶ際には価格面にも注意を払う必要があります。大阪で体外受精を受けられる方は補助金等がありますので、大阪が住所地の方は各自治体に問い合わせすると良いでしょう。年齢や回数に上限があるのでご注意下さい。