大事な赤ちゃんの出産には助産院|こちらで店舗を探してみる

女性にも男性にもお勧め

錠剤

葉酸は赤ちゃんのためのビタミンという別名のある栄養素です。妊婦さんだけでなく、男性や妊娠後も摂取し続けたい栄養素です。適正な摂取量を守るため、サプリメントでの摂取をお勧めします。過剰摂取は発熱やじんましんなどの症状が出る可能性があります。

More Detail

知っておきたい体の事情

女医

不妊治療は、お金がかかるのはもちろん、肉体的にも精神的にも疲労しやすく、ストレスがたまりやすいものです。だからこそ、病院選びは非常に大切で、東京や大阪などでは数多く病院やクリニックあるので、信頼できる病院やクリニック選びが大切になってきます。

More Detail

不妊治療の方法

お腹

子宮から卵子を取り出して体外で受精させた後に、また戻す方法を体外受精と言います。体外受精以外では妊娠不可能だと思われる方に行う治療です。体外受精の費用はとても高額なため補助金を受けるのをお勧めしますので、大阪が住所地の方は各自治体に問い合わせして下さい。

More Detail

自然に出産をしたい場合

看護師

出産は、産婦人科のある病院やクリニックの他に、助産院で出産をすることも選択できます。最近では、できるだけ自然に赤ちゃんを産みたいという方も多く、助産院での出産を希望する方も多くいます。助産院は助産所とも呼ばれ、助産師が管理者となっていて、入院床数が9床以下であるという条件があります。日本では約400ヶ所の助産院があり、自宅を助産院の施設としているケースもあります。助産院には産科医がいない為、助産院を利用して出産をするには、いくつか条件があります。逆子でないこと、ふたごなどの多胎でないこと、子宮に異常がないことなどの他に、喘息や甲状腺に異常がないこと、B型肝炎やC型肝炎、HIVなどの感染症でないことなどが条件となっています。

では、助産院で出産をする場合のメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。大きなメリットとしては、赤ちゃんを産む母親にとって、楽な体勢で出産ができることです。病院では分娩台で出産をするので、好きな体勢はできませんが、助産院は布団の上で出産をする場合が多いので、立ち膝などの自由な体勢ができます。また、水中で出産が可能な助産院もあります。さらに、母乳マッサージなどのアフターケアをしっかりと行ってくれるのも特徴です。助産所での出産は、医療行為ができる医師がいません。出産時にアクシデントが起こった場合に備えて、事前に提携先の病院と連絡を取り合っている助産所も多くあります。助産所での出産を希望している場合は、メリットやリスクなどをよく確認してから決めることが大切です。

Recommended

  • 医療法人オーク会

    着床前診断を行ないたいならこちらを見ておこう。親身になって対応をしてくれるのでとても人気があります。